トライバルデザイナーGAIのブログ

トライバルデザイナーGAIのイラストブログ。

トライバルデザイナーGAIのブログ

絵を描く人のメンタル維持法GAIさん流




どうも、トライバルデザイナーのGAIです。

​絵描きの皆様、自分の絵がクッソ下手だなと思ったことはありませんか?
神絵師と言われている方々もきっと昔は下手だったハズです。
そう思いたい。

そして、絵を上達させるためには日々練習あるのみ。
しかしそのメンタルを保つのは意外と難しかったりするのです。


なぜなら、自分の描いた絵を他人の絵と比較してしまうからです。

もうなんか絵がすきすぎて他人とかどうでもいい自分が絵を描ければそれで満足!みたいな人はどんどん突き進めばよいと思いますが、一般的な絵が好きという人は他の上手い絵を見て「あーもっとうまくなりたいんじゃー」って気力で励むわけです。

普段からそういう気力が保てていればなんの問題も無いでしょう。
そういう人はこれを読む必要も無いので、さっさとお絵かきに戻りましょう。





そして、ここから後はネガティブマックスな絵沼の世界。





まず、最初に考えるべきことは、自分の絵がうまかろうが下手だろうが、誰にも関係ないということです。

意地になる必要もありませんし、見栄を張る必要もありません。

ネガティブ思考に陥るロジックはこんな感じではないでしょうか。

絵を描く
クッソ下手に見える
いくら練習しても神絵師のような上手い絵が描けないのでは
絵を描く意味は
クソして寝よ


とかそういう感じでしょうかね。


つまりどういうことかというと、結局のところ『他人にチヤホヤされたい』ということです。
え?身も蓋も無い?でもほめられたいでしょう?


そう、結局、自分の絵を見て褒めてくれる人間がいるだけで満足するのが大半です。
上手かろうが下手だろうが、褒めてもらえれば満足なのです。


話が逸れましたね。
では、一人で無心に絵を描いている時。
ふと気づきます。

果たしてこの絵は誰かの需要にかなっているのだろうか。
自分が絵を描くことによって、どうなるのだろうか。
こんなことしてないで、バイトでもして少しでもお金を稼いだ方がいいのではないか。
・・・まあいろいろ考えるでしょう。


こういう時は気分転換が大事。大体の人がそう言いますね。
もちろん悪くはないです。
音楽を聴いたり、風呂に入ったり、明日の自分にまかせて寝たり。

それで解決することもあるでしょう。

だけど、結局は後回し。どうせまた嫌になってしまう。



そういうときは、こうするのです。





自分の一番好きなものを描く。





もうね。結局こうなる。

そもそもあなたは絵を描くことが好きなのですから。
手癖に任せてもいいですし、好きな絵描きを真似してもいいかもしれません。
新しい紙を机に置いて、シャーペン片手に描きはじめるんです。


かわいい女の子を描きたい、と。


・・・え?みんなそうでしょ?

・・・・まあともかく。
描くのです。
そして、見るんです。

なかなか良いと思うのだけど、少し手が小さいかも。


そういうことを思えたとしたら、成長している証。
まずは消しゴムで消して、手を描き直します。
それでもうまくいかない。
手ってどうなってるんだろ?
そう思ったら自分の手を眺めてみたり、資料を見ながら描いてみたり。





―――いつのまにか、悩んでたことがどうでもよくなります。
考える順番が大事なのです。

絵が上手くなるために描くのでなく、絵を自由に描きたいからうまくなるのです。



ただそれでも。
自分の絵が好きになれない。描くことから離れてしまうのならば。


いっそのこと数か月くらい描かないで他の事に集中するのもありです。

音楽をやったり、旅にでたり、スポーツしたり。


表現は自由なのだから、きっとその経験も絵に役立つものです。




なんか柄にもないことをつらつらと書いてしまいましたわ。




このへんで。よいお絵かきライフを。




トライバルデザイナーGAI

twitter : @kamibukuro18