トライバルデザイナーGAIのブログ

トライバルデザイナーGAIのイラストブログ。

トライバルデザイナーGAIのブログ

絵を描く時のアイデアの出し方



どうも、トライバルデザイナーのGAIです。
 
この絵はクラブイベントの時にライブペイントで描いたものです。
音楽に身を任せ、描きたい様に描く、ライブペイントです。
 
そんな感じで絵を描く時にどんなことを考え、イメージを膨らませているかを今回は書いていこうと思います。
 
 
 
 

●テーマのアイデア

絵を描く人がまず悩むのがここですね。
そもそも「何を描くべきか」がわからない状態。
 
一度はまると本当に抜け出せない場所なので、しっかりと描きたいテーマ、描くべきテーマを見失わないようにしましょうね。
 
さてそのテーマの見つけ方ですが、まあいろいろとパターンはあります。
まず、とにかく好きなものを描く。
これは大前提ですね。
ただ問題なのが、どういう構図で描こうとか、色とか服とかシチュエーションとか。
好きなキャラはいるのだけど、どういう感じに描いていいのかで混乱するわけです。GAIさんも結構混乱します(オイ
 
しかし大丈夫です。何故思いつかないか、原因はハッキリしています。
 
それは・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴクリ・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ズバリ、知らないからです。
 
 
 
 
 
 
(´・ω・`)
 
 
 
 
いや、まさにこのとおりなのでこれ以上言い様がないんですが・・・
 
 
 
つまり、知識、経験によるところが多いのですよ。
描いたことがない、知らないものは描けない。そりゃそうですね。
 
なので、どんな構図だとか、どんな背景だとか、どんなポーズだとか服だとか。
そういったものは、お気に入りの絵を参考にしてしまってよいのですよ。
 
もちろん、練習で描くだけなのであればまるまる模写したってかまわないわけです。自分が描いたオリジナルです!なんていうと犯罪感やばいのでやめましょうね。盗作ダメゼッタイ。
 
というわけで、いろんな構図、絵柄を研究して織り交ぜて、オリジナルの作品づくりに活かしましょう!
 
 
 

●日頃から心がけること

さて次は、まったく別の場所からアイデアを集める方法です。
 
これはあくまでGAIさん流ですが・・・なんというか、日常生活の習慣みたいなものです。
それは、どこでも、何をみても、そのことについて考えることです。
 
看板を見たら、どうやったらもっとよくなるかとか。
グラスをみたら、もっと機能的にするにはどうすればいいかとか。
もうとにかくあらゆることについて考える。
この習慣をするようにすると、あら不思議。話題もテーマもいくらでもでてくるようになります。
 
テーマに困らないだけでなくコミュニケーション能力もあがるとか最高じゃない?
とにかく、GAIさんはこういう習慣を身に着けているのでテーマはいろいろと思いつきます。
まあそれを表現するだけの実力がまだついてない()
 
 
皆様も視野を広げてものを見るようにすると、意外な発見があるので試してみてくださいね。
 
それでは。
 
 
 
--
トライバルデザイナー GAI
Tribal Designer GAI